» 2014 » 11月のブログ記事

昨日、全日本マネジメントコーチング協会の九州ブロック勉強会を開催しました。総勢23名のみなさんに参加いただき、コーチングを勉強しました。

コーチングは、指導役のコーチとそれを受ける側のクライアントのマンツーマンで行います。指導する側が答えを持ち、指南するようなティーチングとは異なり、質問などを通じて相手の自発的な考えを引き出すのがコーチングです。自発的な考えや目標を引き出すには、前向きな考えが必要になります。そのためには、自分は「認められている」という雰囲気を作る事が大事になってきます。そして相手のいいところを見るようにする。問題に焦点を当てずに可能性に焦点を当てると言う具合です。

10637670_695255950555426_1200702538_n

10804986_738249889589365_1126439751_n

こんな感じで行います。

我々が学んでいるのは、「マネジメントコーチング」であり、その目的は「社風の改善による業績アップ」です。コーチングもパーソナルコーチングのように、個人の気持ちを前向きにさせたり、ストレスから解放したりするようなものもありますが、我々が学んでいるマネジメントコーチングは、あくまでも対象は社内の部下や同僚であります。そして個人のやる気を高め、目標遂行能力を伸ばして業績アップを図る。あるいは、組織や個人間の心の壁を取払い、コミュニュケーション能力を高めるのがこのマネジメントコーチングです。

昨日、この研修を受講した方々のフォローアップの組織である、全日本マネジメントコーチング協会の九州ブロック勉強会が開催されました。総勢23名のみなさんが参加され、コーチングスキルのブラッシュアップに務めました。

1959536_663024283811899_7548087684544050928_n

午前中は日高の報告という事で、現在学んでいる感性論哲学とコーチングをどのように会社に落とし込み、社風改善や業績向上に活かそうとしているのかを報告させていただきました。

10690151_663024300478564_7829980274454327662_n

10699302_738249932922694_1178718364_n

我が社の古賀さんと野見山さんも今回、6ヶ月間の間、熱心にコーチングを学びました。コーチングから人間尊重の精神とコミュニュケーションの大切さをさらに自覚し、問題に焦点を当てるのではなく、その人が持っている可能性に焦点を当てる事の大切さを学んだに相違ありません。彼らの今後に期待しています。

今回のコーチング研修の自主勉強会の様子の動画がアップされています。ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=l1oqNn1nkqs

10638117_695255997222088_1259451023_n

昨日は、福岡県中小企業家同友会の主催の中小企業経営者フォーラムがヒルトンシーホークにて開催され、約500名の中小企業経営者の方が参加されました。

大会のプロモーションビデオです。

IMG_2795

まだ準備段階の受付です。ここでたくさんの方をお迎えします。

IMG_2791

会場のヒルトンシーホークはすでにクリスマスモードでした。

IMG_2792

今回のお世話をしていただきました、フォーラム実行委員会のみなさんです。この日のために1年間かけて準備して参りました。

IMG_2793

だれもいない全体会場です。これからここにたくさんの経営者が集まります。

IMG_2794

基調講演にブランディングプロデューサーの安藤竜二さんをお招きしました。安藤さんは、どんな業種でも、中小企業でもブランディングの必要性を説き、全国を駆け巡っておられる方であり、いつも訴えておられるお言葉を今回のテーマにしました。

「やれないのではない、やらないだけだ」

IMG_2801

ブランド創りを考えることは、差別化戦略をより深く考えることにもつながります。

「脳みそに汗をかこう」これも安藤語録の一つです。基調講演の後には、10の分科会が開催され、全国各地から様々な経営体験を持った経営者のみなさんに自身の経営体験を報告していただきました。第1分科会はひきつづき安藤さんにお願いしました。

IMG_2807

分科会はグループディスカッションしやすいように8名くらいで1グループを作っています。

IMG_2809

第2分科会は、「人を活かす組織作り」で株式会社ピーエムティーの三原稔之です。ナンバー2という立場で会社の経営を支えておられます。この会社の素晴らしさは仕組みづくりにあります。あらゆる面で人を活かす仕組みを創っています。ここの社長の京谷さんも九州大学のビジネススクールの授業で事例報告をしていただいています。

IMG_2810

第3分科会は、「市場を創造し、自立型企業へ」というテーマでグリーンライフ産業の中村太郎さんをお招きしました。創業者であるお父様の急逝で後継社長として、それまでのB2BビジネスからB2Cビジネスへの転換や積極的な女性採用など、組織活性化を図り、業績アップをした会社です。中村社長は40歳ですが、人格的にも立派な方で素晴らしい方だと感じます。

IMG_2811

第4分科会は「感動農業をめざして」群馬のグリンリーフ株式会社の澤浦彰治さんです。年商3000万の農家の倅が24億円の農業生産法人になられた軌跡をお話しいただきました。実際に私も群馬の会社や農場を訪問し、そのスケールの大きさにビックリしました。

IMG_2813

第5分科会は「モノづくりの感動を未来へ」株式会社大丸製作所の大丸拓郎さんに、後継者として、社長であるお父様とベテラン社員さんと真剣に向き合い、経営計画書を通じて会社を良くしていこうという思いを胸に、社内改革を実行しておられる方です。汗を吹き拭き、一生懸命語っておられました。

IMG_2815

第6分科会は「常にチャレンジ精神を発揮しよう!」長崎県は島原市の有限会社上田自動車の上田五月男社長の報告です。
雲仙普賢岳の噴火で家や事務所が全壊し、廃業の危機から新しいシステムを有した自動車整備工場を再建させ、「感動の車検」というシステムで「自動車整備業」から「カーライフサポート業」へ展開させておられるチャレンジ精神あふれる若手経営者のお話にたくさんの方が聞き入っておられました。

IMG_2805

第7分科会はプレジャーワーク株式会社、熊本同友会から吉田周生さんをお招きしました。リーマンショックでそれまでの樹脂製殿材加工業の売り上げが激減し、倒産の危機から異業種の障がい者雇用の福祉サービスの会社を設立。現在5施設目を計画中で、雇用と企業を守ることに使命感を持ち、奮闘されておられます。

吉田さんのユニークな話は、設立当初、人材難から橋の下に住んでいるホームレスの人たちにお声をかけて回るなどして、人員確保に奮闘したことでした。発想力がとてもユニークな方です。

IMG_2822

第8分科会は「輝く夢は無限の喜び」蛭子屋合名会社の安藤久代さんに地域に100年根付いた「お味噌やさん」をさらに100年続けられる企業にしていこうと女性経営者ならではの観点で様々な地域ブランド作りにチャレンジしている姿を報告していただきました。涙しながら熱く自分の思いを伝える姿に多くの参加者が感動されたと思います。

IMG_2816

第9分科会は「理念も受け継ぎ、社員も会社も成長」アバンティの前社長の村山由香里さんと現社長の清澄由美子さんの報告でした。事業承継の難しさとそれにチャレンジされたお二人の生々しい体験談を語っていただきました。

IMG_2825

第10分科会は見学分科会ということで、バスで現地に移動しての分科会です。「環境保全型農業の実践」株式会社オーガニックパパの八尋健次さんに糸島の無農薬栽培を行っている畑を案内してもらい、未来に向けて地球環境や人の健康を考えた、また地域の雇用貢献にも寄与する経営を発表していただきました。

10380672_559743844157330_297874005468091432_o

分科会終了後は懇親会です。分科会の満足度が懇親会参加率につながります。多くの方々が懇親会に参加されたことが、その満足度を物語っているのではないかと感じます。福岡大学の和太鼓サークルのみなさんにも来ていただき、和太鼓の演奏をしていただきました。

IMG_2830

IMG_2827

こうして、第24回福岡県中小企業経営者フォーラムが終わりました。たくさんの方々が高いクオリティに満足してお帰りになられました。いまは達成感よりも、次はさらに良いものにするためにどんな企画にするかのほうが頭が一杯です。

それを考えることで、私自身がより学べるからかもしれません。

開催に際し、多くの方々のご支援をいただきましたことに深く感謝申し上げます。たくさんの人の力を合わせることで相乗効果を生み出すことをこのフォーラムでまた学びました。組織を創り、仕組みを作り、テーマを掲げ、思いを伝える。このことで人の力が一つにまとまり、強くなります。改めてその強さを感じた今回のフォーラムでした。

関わっていただきましたみなさん、本当にありがとうございました。

10407616_761584450583397_1398268780441706235_n

カンボジアの繁盛店2店舗の紹介をしておきます。

まずはお寿司やさん。一番の繁盛店らしいです。しかしどこのお店でもすぐには繁盛店にはならず、ノウハウを身につけてから徐々に現地に対応しているようですね。

IMG_2757

つぎにカンボジア若手起業家のカフェです。パート2でもご紹介したお店です。

IMG_2759

さて、福岡からも(株)デリズの井土朋厚さんが日本食レストランを出店されておられます。デリズさんは福岡・東京で「出前本」というカタログでデリバリーサービスを展開されています。初めての海外進出でカンボジアを選択されました。

IMG_2738

ワタミの渡邉美樹さんと一緒に「和民」を出店されました。文化が発達すると専門化が広がっていくように、レストランの形もファミリータイプから、ラーメン専門店や○○専門店などが日本では多く見られますが、カンボジアは日本食そのものがまだ珍しい状況なので、総合レストランでなんでも有りの方が形態としてはよさそうです。 日本もそうでしたね。

IMG_2747

井土さんにも講演をいただきましたが、よく知っている人間だけに、彼の起業家精神がすばらしいです。家族全員でカンボジアに移り住んでおられます。

お店の様子をちょっとだけ。木村会長と奥様です。

IMG_2741
 
HUGSの黒川治郎さんは、今回の飯の種探しツアーをプロデュースしていただいた方です。ご本人はお父様が○電気の駐在員ということもあり、イラクバクダッド生まれ埼玉育ちという方です。大学卒業後、日本で居酒屋チェーンを起業され、5店舗まで拡大するものの、日本の将来に危機感を感じ、31歳から世界をマーケットとするために現地視察を繰り返し、カンボジアを選んだそうです。

IMG_2750

事業内容は、多岐に渡り、カンボジアへ進出する日本の起業家の支援活動を展開されておられます。

IMG_2748

黒川さんが紹介されたカンボジアの概要をちょっとだけお見せします。プノンペンのMAPです。

IMG_2756

カンボジアの現在の経済状況を日本の過去のGDPの推移と比較してみました。

IMG_2753

民主制が20年以上も続き、外貨獲得のためにいろんな手段を講じて、国の経済発展を図っています。

この他にも、中間層に1戸建てを提供する不動産デベロッパーを経営しておられる福岡出身の永田さんや京都で居酒屋を展開され、カンボジアに進出しておられる「時代屋」さん。大学を備えたリゾート地を建設中の方、ファッション感覚あふれる部屋数27戸のホテルを半年前に起業された方など、たくさんの日本人起業家のみなさんにお会いしました。

彼らの様な世界をターゲットにした起業家に共通することは「志の高さと広さ」だと思います。また今回は深さも伴った方ばかりでした。みなさん一応に「何のために」を語られます。そして深い世界観、人生観をお持ちだと感じました。

また、カンボジアのくっくま孤児院にも訪問しました。カンボジアにはポルポトの大虐殺で国民の4分の1が殺され多くの孤児が生まれました。またその孤児たちが更なる孤児を生み出している社会です。貧困もその社会を生み出している一因です。
第2次大戦後のカンボジアの歴史がわかるサイトがあります。これを見てもらえたらあの大虐殺の悲惨さがわかります。

http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/works/works_8_d.html

この歴史のおかげで、今カンボジアに一番足りないのが教育です。知識人がみんな殺されて、教育の伝承が立たれている状態です。たくさんの日本人が教育の支援をしようと乗り込んでいます。彼ら日本人にエールを送ります。

IMG_2789

世界でまれに見る大虐殺の時代を乗り越えて経済的に発展しようとしているカンボジアと国民にもエールを送ります。

「行ってみないとわからない」今回のツアーもしみじみそう感じました。お世話になった皆さん、ありがとうございました。

IMG_2762

つぎは、カンボジアに進出したイオンモールプノンペンの紹介です。6月オープンで、オープン当初は周辺がバイクと車で大渋滞が続いて日本のニュースやTV番組でも取り上げられたました。ここにも日本からカンボジアに進出した起業家がいます。

IMG_2746

外観です。イオンモールはどの国でも同じです(笑)しかし、トイレがちょっとおしゃれでした。

IMG_2743

ウォッシュレットも外国仕様です。公共施設で設置していたのはイオンモールだけです。もちろん、ホース式のビデはあります。外国に行くとホース式の方が掃除にも使えるし便利かもしれませんね。

IMG_2744

中身もイオンモールでした(笑)日系企業が4割と伺いました。以外と日本のようにどこに行っても同じテナントが入っているわけではありません。外資系企業もたくさん入店していました。

IMG_2765

スマートフォンの販売促進イベントをやっていました。

IMG_2764

カンボジアで一番人気のブランドらしいです。ユニクロみたいな感じですかね。

IMG_2766

レストラン街では、流行っているお店とそうでないお店と二分しています。この回転すしじゃなく、回転しゃぶしゃぶは並んでいました。他にもステーキレストランはいつも超満員です。感覚としては、日本でもファミレスが出来たばかりはすごい人でしたね。あの感覚です。

IMG_2767

カンボジア人の若手起業家4名で立ち上げたカフェで、カンボジアの若者が1杯が3食分くらいのお金を使っても行きたいカフェでおいしくいただきました。

IMG_2769

WAKANAというお店はユニークです。 カンボジアの女性支援のために創られたお店で、カンボジアの女性がデザインした小物類を商品化しています。デザインコンテストを開いて彼女たちのやる気を高めている仕組みを作っていて、功績がカンボジア政府にも認められて、出店の援助をしてもらっているようです。

IMG_2771

これ詳しく読んでいただきたいです。カンボジアドリームの女性版って感じです。すばらしい!ここでお土産たくさん買いました。

IMG_2770

お店の日本人スタッフもとても感じがよく、カンボジアに少しずつ慣れていますが、住みやすい国ですとおっしゃっていました。

IMG_2772

パート3に続きます。

11月6日から10日にかけて、深夜便の都合で2泊5日の弾丸ツアーになりましたが、木村塾カンボジア飯のタネ探しツアーに参加して参りました。大阪より木村会長はじめ6名、福岡より6名の計12名参加です。

私は初めてのカンボジアでした。地雷がたくさん埋まっていたり、ポルポト政権下の大量虐殺だったり、あまりいいイメージで伝えられていない国ですが、他のASEAN諸国にもひけを取らない経済発展を見せていました。

IMG_2722

日本からのODA援助も盛んに行われていました。道路などのインフラも他国の援助なしには整備できません。年間国家予算が3000億円とはびっくりです。

IMG_2723

さて、今回のツアーの目的は、カンボジアでビジネス展開している日本の起業家のみなさんを訪問し、自社のビジネスチャンスのきっかけを掴むことです。カンボジアにいる3日間はあちこちの日本人起業家のみなさんを訪問してきました。

IMG_2727

まずは、CDLの鳴海貴紀さんです。厚生労働省に勤務された後、2012年にカンボジアで人材派遣業を起業されました。

IMG_2728

カンボジア人の隠れた才能をもっと世に出してあげたい。カンボジアの発展を日本人が手助けすることで、共に発展していく世界をつくりたいという思いで起業されました。ハローワーク勤務時代のノウハウの元に、人材派遣というより、職業紹介業のイメージを創って日系企業にカンボジアの人材を派遣する仕事をされておられます。

IMG_2731

鳴海社長の講義のあとに、木村会長から補足の講義がありました。

「やってみんとわからん。やったもんじゃないとわからん」「うまくいったら銭が儲かる。うまくいかなくても経験が儲かる」木村会長の言葉が起業の意味を伝えます。

パート2につづきます。

カレンダー

2014年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ページ