» 2014 » 11月 » 10のブログ記事

カンボジアの繁盛店2店舗の紹介をしておきます。

まずはお寿司やさん。一番の繁盛店らしいです。しかしどこのお店でもすぐには繁盛店にはならず、ノウハウを身につけてから徐々に現地に対応しているようですね。

IMG_2757

つぎにカンボジア若手起業家のカフェです。パート2でもご紹介したお店です。

IMG_2759

さて、福岡からも(株)デリズの井土朋厚さんが日本食レストランを出店されておられます。デリズさんは福岡・東京で「出前本」というカタログでデリバリーサービスを展開されています。初めての海外進出でカンボジアを選択されました。

IMG_2738

ワタミの渡邉美樹さんと一緒に「和民」を出店されました。文化が発達すると専門化が広がっていくように、レストランの形もファミリータイプから、ラーメン専門店や○○専門店などが日本では多く見られますが、カンボジアは日本食そのものがまだ珍しい状況なので、総合レストランでなんでも有りの方が形態としてはよさそうです。 日本もそうでしたね。

IMG_2747

井土さんにも講演をいただきましたが、よく知っている人間だけに、彼の起業家精神がすばらしいです。家族全員でカンボジアに移り住んでおられます。

お店の様子をちょっとだけ。木村会長と奥様です。

IMG_2741
 
HUGSの黒川治郎さんは、今回の飯の種探しツアーをプロデュースしていただいた方です。ご本人はお父様が○電気の駐在員ということもあり、イラクバクダッド生まれ埼玉育ちという方です。大学卒業後、日本で居酒屋チェーンを起業され、5店舗まで拡大するものの、日本の将来に危機感を感じ、31歳から世界をマーケットとするために現地視察を繰り返し、カンボジアを選んだそうです。

IMG_2750

事業内容は、多岐に渡り、カンボジアへ進出する日本の起業家の支援活動を展開されておられます。

IMG_2748

黒川さんが紹介されたカンボジアの概要をちょっとだけお見せします。プノンペンのMAPです。

IMG_2756

カンボジアの現在の経済状況を日本の過去のGDPの推移と比較してみました。

IMG_2753

民主制が20年以上も続き、外貨獲得のためにいろんな手段を講じて、国の経済発展を図っています。

この他にも、中間層に1戸建てを提供する不動産デベロッパーを経営しておられる福岡出身の永田さんや京都で居酒屋を展開され、カンボジアに進出しておられる「時代屋」さん。大学を備えたリゾート地を建設中の方、ファッション感覚あふれる部屋数27戸のホテルを半年前に起業された方など、たくさんの日本人起業家のみなさんにお会いしました。

彼らの様な世界をターゲットにした起業家に共通することは「志の高さと広さ」だと思います。また今回は深さも伴った方ばかりでした。みなさん一応に「何のために」を語られます。そして深い世界観、人生観をお持ちだと感じました。

また、カンボジアのくっくま孤児院にも訪問しました。カンボジアにはポルポトの大虐殺で国民の4分の1が殺され多くの孤児が生まれました。またその孤児たちが更なる孤児を生み出している社会です。貧困もその社会を生み出している一因です。
第2次大戦後のカンボジアの歴史がわかるサイトがあります。これを見てもらえたらあの大虐殺の悲惨さがわかります。

http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/works/works_8_d.html

この歴史のおかげで、今カンボジアに一番足りないのが教育です。知識人がみんな殺されて、教育の伝承が立たれている状態です。たくさんの日本人が教育の支援をしようと乗り込んでいます。彼ら日本人にエールを送ります。

IMG_2789

世界でまれに見る大虐殺の時代を乗り越えて経済的に発展しようとしているカンボジアと国民にもエールを送ります。

「行ってみないとわからない」今回のツアーもしみじみそう感じました。お世話になった皆さん、ありがとうございました。

IMG_2762

つぎは、カンボジアに進出したイオンモールプノンペンの紹介です。6月オープンで、オープン当初は周辺がバイクと車で大渋滞が続いて日本のニュースやTV番組でも取り上げられたました。ここにも日本からカンボジアに進出した起業家がいます。

IMG_2746

外観です。イオンモールはどの国でも同じです(笑)しかし、トイレがちょっとおしゃれでした。

IMG_2743

ウォッシュレットも外国仕様です。公共施設で設置していたのはイオンモールだけです。もちろん、ホース式のビデはあります。外国に行くとホース式の方が掃除にも使えるし便利かもしれませんね。

IMG_2744

中身もイオンモールでした(笑)日系企業が4割と伺いました。以外と日本のようにどこに行っても同じテナントが入っているわけではありません。外資系企業もたくさん入店していました。

IMG_2765

スマートフォンの販売促進イベントをやっていました。

IMG_2764

カンボジアで一番人気のブランドらしいです。ユニクロみたいな感じですかね。

IMG_2766

レストラン街では、流行っているお店とそうでないお店と二分しています。この回転すしじゃなく、回転しゃぶしゃぶは並んでいました。他にもステーキレストランはいつも超満員です。感覚としては、日本でもファミレスが出来たばかりはすごい人でしたね。あの感覚です。

IMG_2767

カンボジア人の若手起業家4名で立ち上げたカフェで、カンボジアの若者が1杯が3食分くらいのお金を使っても行きたいカフェでおいしくいただきました。

IMG_2769

WAKANAというお店はユニークです。 カンボジアの女性支援のために創られたお店で、カンボジアの女性がデザインした小物類を商品化しています。デザインコンテストを開いて彼女たちのやる気を高めている仕組みを作っていて、功績がカンボジア政府にも認められて、出店の援助をしてもらっているようです。

IMG_2771

これ詳しく読んでいただきたいです。カンボジアドリームの女性版って感じです。すばらしい!ここでお土産たくさん買いました。

IMG_2770

お店の日本人スタッフもとても感じがよく、カンボジアに少しずつ慣れていますが、住みやすい国ですとおっしゃっていました。

IMG_2772

パート3に続きます。

11月6日から10日にかけて、深夜便の都合で2泊5日の弾丸ツアーになりましたが、木村塾カンボジア飯のタネ探しツアーに参加して参りました。大阪より木村会長はじめ6名、福岡より6名の計12名参加です。

私は初めてのカンボジアでした。地雷がたくさん埋まっていたり、ポルポト政権下の大量虐殺だったり、あまりいいイメージで伝えられていない国ですが、他のASEAN諸国にもひけを取らない経済発展を見せていました。

IMG_2722

日本からのODA援助も盛んに行われていました。道路などのインフラも他国の援助なしには整備できません。年間国家予算が3000億円とはびっくりです。

IMG_2723

さて、今回のツアーの目的は、カンボジアでビジネス展開している日本の起業家のみなさんを訪問し、自社のビジネスチャンスのきっかけを掴むことです。カンボジアにいる3日間はあちこちの日本人起業家のみなさんを訪問してきました。

IMG_2727

まずは、CDLの鳴海貴紀さんです。厚生労働省に勤務された後、2012年にカンボジアで人材派遣業を起業されました。

IMG_2728

カンボジア人の隠れた才能をもっと世に出してあげたい。カンボジアの発展を日本人が手助けすることで、共に発展していく世界をつくりたいという思いで起業されました。ハローワーク勤務時代のノウハウの元に、人材派遣というより、職業紹介業のイメージを創って日系企業にカンボジアの人材を派遣する仕事をされておられます。

IMG_2731

鳴海社長の講義のあとに、木村会長から補足の講義がありました。

「やってみんとわからん。やったもんじゃないとわからん」「うまくいったら銭が儲かる。うまくいかなくても経験が儲かる」木村会長の言葉が起業の意味を伝えます。

パート2につづきます。

カレンダー

2014年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ページ