先月、株式会社ミライロさんのご指導で、ユニバーサルマナー検定3級を我が社のスタッフ全員で受講し、資格を得ることができました。ユニバーサルマナー検定は、高齢者、障がい者、国籍が違う人たち、様々な人たちに対して、一緒に生活できるために、どんな知識やマナーを身につければよいかを学ぶものです。

ユニバーサルデザインの勉強をしました。これはわかりやすいデザインです。

mark01

mark05

車椅子と補助犬のマークですが、これになると?って感じです。

mark03

耳が不自由な方を示したマークですが、いままで気がついていませんでした。

さらに、これは考えました。

mark09

オストメイト(人工肛門、人工膀胱)用の設備を表すマークです。一般的には、オストメイト使用者が排泄物を処理したり皮膚を洗浄するための設備を備えた多目的トイレの標示に使用されています。

このように、健常者と体に障がいを持つ人が、一緒に暮らしやすいように、様々な視点で我々の社会をよりよいものにしていきましょうという考え方です。

弊社も、ダイバーシティ社会に向けて、このようなことにも関心を持つことが大事だと考え、今回の検定受講になりました。ものの見方・考え方の枠を広げ、様々な考えを受け入れるトレーニングが必要だと考えています。

IMG_1202

受講後1週間経って、このような検定証をいただきました。

DSC05607

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ