表敬訪問のことはこのくらいにして、ウラジオストクの街並みを紹介しますと、やはりここは、「日本に一番近いヨーロッパ」でした。

建物の創りがほとんど石造りなので、ヨーロッパ感が漂います。元軍港で、いまも軍艦が係留している港町で、どこからでも海が見える丘に街がある感じ。坂が多くて、歩くと結構たいへんです。

IMG_1557

IMG_1564

IMG_1399

ウラジオストク駅がこんな感じです。観光名所というところが少ないので、駅が観光地になっていました。シベリア鉄道の極東側の始発駅ですね。

IMG_1509

IMG_1510

IMG_1514

中に入るとこんな感じです。ウラジオストクに来て、FAREAST(極東)という言葉を絶えず聞きますが、聞いているうちに違和感を感じてきました。
やはりロシアは当然首都モスクワを中心にある国ですから、モスクワからみて、ここは東のはて、極東ということなんだと。しかし最初から極東に済んでいる我々は、そんなこと考えたこと無く、ここが我々の中心で、モスクワは我々から見れば「極西」なんだと我を張りたくなりました(笑)

IMG_1548

街の真ん中にロシア正教の協会がありましたので、立ち寄りました。もちろん数少ない「観光名所」です(笑)

IMG_1545

中に入ると厳かな空間が広がり、街の人々がここに立ち寄り、お祈りをして去っていきます。

IMG_1546

さて、街の真ん中に市場があります。ウラジオストクには、まだ卸売市場なるものがないらしく、街の農家の人たちや漁師さんが、直接ここに売りに来るようです。

IMG_1421

IMG_1416

IMG_1415

もちろん街にはスーパーマーケットも存在します。こんな感じです。

IMG_1508

まだまだ未開発の都市で、これからって感じがしました。10年経ってどのくらい成長しているかが楽しみな街ですが、ロシアは政治に経済が影響されやすく、ルーブルの暴落や他国との政治的な対立が経済にダメージを与えている過去がありますので、経済は政治とは違った形でうまく成長して欲しいなと感じました。

IMG_1630

街の表記もロシア語ばかりで、英語表記がとても少なく、街の人たちも英語が話せる人がほとんどいない状況でした。ガイドさんの日本語を聞いて、よく頑張っているよな〜と思わせるものでした。

IMG_1588

最後にロシア料理店で全体写真。いい体験でした。ありがとうございました。

IMG_1587

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ