» 2011 » 3月のブログ記事

皆さんお元気様です。今日は仙台市若林区で明日の作業の調査に行って来ました。

埋設バルブの種類 どこでゲージを取るか大変です。今日感動したことが二件あります。
一つはバルブを探すのに会社の方5、 6人の方が一緒に探すのを手伝って頂きました。

二つ目は社長の車がバルブボックスの上に乗っていたのを社員の方々全員が出て来て、

皆さんで動かして頂きました。

感じたことはこちらの方は明るいです。

お疲れ様です。今日は津波に呑み込まれる一歩手前の岡田地区の閉栓作業に行って来ました。

私達の方が被災された方達に頑張ってくださいねと言わなければいけないのに、反対に私達が「遠くからご苦労様頑張ってください」と言われています。

九州プロレスのシールも子供達に好評です。

以前、作業をさせていただいたお宅に、お礼のハガキを出しました。この時のお客さまの反応がとても良く、非常に喜んでいただいたことを覚えています。自筆のハガキというのは、お客さまに感動を与えるのだなとその時に感じました。そして他のお客さまにも気持ちを伝えていこうと思いました。続けていくことがとても大切です。

工事部工事課 野川彰

同じ仕事をしていても、個人個人でなぜか見えない差がついてきます。それは信頼感であったり、感謝できる気持ちであったり、なにより人を大切に思う思いは必ずどこかで伝わります。 それが見えない差であり、やがて見える差で出てくるのだと私は感じています。

総務部 古賀智夏

感動を与えているかどうかは、お客さまの感じ方で変わってくると思います。 誠意ある行動を自分でやっていると思っていても、それが伝わらなければ、やっていないのと同じだと思います。 私はそんな行動が伝わるような行動や言動を心掛けていきます。 何事も初心に帰ってお客様と接すれば感動を与えられると思います。

工事部工事課 小野

私が感じたことは、目に見えない感動が一番印象に残ると感じました。私がお客さまに感動を与える為にできることは、「気づく」ことだと思います。お客さまの目線に立って気づくことが出来れば、お客様はこんなこともやってくれるんだと感じてくれると思いました。

設備サービス部 井上恭兵

目に見えない感動と言うと、人間性になると思います。社員さん全員がお客様のことを考え、喜んでもらえる人間性を磨き、成長することです。我が社の朝礼の取り組みを続けていくことで、それが可能になると私は感じています。

工事部工事課 木村

我が社は今は女性社員さんたちがおもてなしの心を持っています。女性だけでなく、我が社で働く全ての人がおもてなしの心を持っていることがお客さまの心に伝わるのだと感じます。弊社は何時でも営業・工事と動くところがいいと思っています。

工事部工事課 野川博之

先日、博多駅がオープンして初めての週末に家族で行ってきました。博多駅のガス工事を我が社が担当し、あの人の多さとにぎわいは福岡の商業施設としては、初めての経験をしました。この大きなプロジェクトに少しでも携わる事が自分にもできたことにとても感動しました。 

福岡の街になくてはならない会社でありたいと改めて思いました。

工事部営業課 林田

今日はMビルの床暖房工事の件で工事士のみなさんと打合せを行いました。工事に関してですが、工事士のみなさんの作業技術は現場を一つひとつ見てチェックしていきますが、作業技術だけでなく、周囲の方達や他業者間との打合せのやり方等も見ていきます。工事技術もそうですが、現場では他の人達とのコミュニケーションでやり易くなったりします。そういった面を見て、また知識もどれだけ持っているのかを見ていき、良い所を取りいれて、お互いに共有できるようにします。

設備サービス部 山口

カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ