» 2009 » 10月のブログ記事

現場移動中に社長より連絡を頂き、「今、足場業者のD社に行ってきました。社長様と常務様と色んな話しをしましたが、D社はすばらしく、とてもレベルが高い会社です。全員が努力して前向きに行動している。とても勉強になりました。それに帰るとき事務所にいる社員の方たち全員が玄関まで来られて見送りしていただきました。」その話を聞いたとき私自身鳥肌が立ちました。我が社は自分のお客様に対して担当者は玄関までは行きますが、事務所の人達はその場で立つ人と座ったまま挨拶をする人さまざまです。D社のようにここまで徹底して挨拶が出来る事はすばらしい事ですね。私も一度会社訪問をさせていただきたくなりました。

工事部営業課 梅津

本日、S社様の工程会議に出席した際、関東で、電気工事士の免許を持たない人が工事をした所から、出火したという事故があり電気に関わることの多くは、資格を持っている人しか施工できないという話がありました。当然の話とは思いますが、当社に関わりがあるのは、給湯器のリモコン設置に関することです。当社としても電気設備士の資格を持った方は毎年増えています。今後、コンプライアンス(法令遵守)ということで、お客様の目がますます厳しくなってくると思います。お客様の様々なニーズやコンプライアンスのような流れにもキューハイテックとして、誠実に対応していかなければならないと思いました。

工事部営業課 岩男正悟

昨日はハウスメーカー様の紹介キャンペーンと決起大会がありお客様満足の為の接遇マナー向上セミナーがありました。会社でも日々お客様から満足していただけるには、どのようにしたらいいか会社全体で取り組んでいますが、今回のセミナーは1、競争時代に求められるCSマインド。2、サービス向上の為のマナー再徹底。 この二つを学んできました。

内容は常日ごろ行っているお客様満足の重要性、第一印象の重要性です。今回は 講師の方が女性だったのでとても分かりやすく、和やかな雰囲気で行われました。私も再確認できて今回は参加できてよかったと思います。それに協力業者の社長様とも色々話が出来ました。やはり元気な会社は常に先の事を考え行動してるなと確信しました。

工事部営業課 梅津

予定通り、書類が片ずきました。やはり予定立てる事で、ここまでは終わらせるという気持ちがわいてきて達成感も感じます。今は一日のスケジュール管理がまだまだ出来てませんので、自分にとって、会社にとって成果があがる様なスケジュールを立てれるようになっていこうと思います。

工事部営業課  坂田

ISO維持審査で倉庫内を見てもらったのですが良く整理されていると言ってもらえました。このスタイルは創業当時から行なっていますと伝えたら「ISO導入からではないのですか」と言われ驚いていました。これからも管理しやすい工夫をしていこうと思います。 

それから長崎の図面作成に手間取ってしまいました。5件いっぺんに現地調査をすると写真や調査資料が有っても思い出せないことや見てはいるのですが写真を撮り忘れていてあやふやなところがあったりしました。時間がかけられないと言う事もあったのですが今後気を付けて現地調査をしていきます。

工事部ECOチーム 右松

ISO維持審査では各審査項目に対して全てを受ける事となりました、野見山係長との連係で全てが明確に答えられ、今後に繋がる質問も出来良かったです、最後に審査が終って、審査員の古野さんへありがとうカードを渡しました、終了ミーティングにて、ありがとうの言葉も頂きました、この事が「ありがとう」を増やすことに繋がると感じました。続けたいと思います。

設備サービス部 小柳

Yマンションでは、20年以上前の給湯器で、高さ1500もある据え置きタイプの給湯器で、初めて見ました。当初作業員一人の予定だったのですが、ベランダから、部屋を通って、搬出する事が困難だろうという事で二人になりましたが、二人でもとても重い給湯器で、一人だと、作業にならなかったと思います。

また、浴槽の追焚も、現在のタイプとはまったく異なり、浴槽の不具合もあったために、来週水曜日にもう一度工事に行く事となりました。現在の商品はカタログなど見れば一目瞭然ですが、昔の商品は実際に見るか、知ってる方の知識をもらうかぐらいなので、カタログ以外の商品への理解力と判断力も身につけていく必要があると特に感じた一日でした。

設備サービス部 岩槻

今日は、半日の間、野見山係長に同行してもらい現調に行きました。Tマンション現場調査の際に事前の書類調さと現場では違うところがあり、自分ひとりで行っていたら、素早く対応できていなかったと思います。配管ルートもですが、不測の事があった時こそ野見山係長や坂田さん、正悟さんの動きをみて、対応の仕方をまねていきたいと思います。そのあとの現調も野見山係長と同行していたおかげで早くすることができ、自分自身の日頃の動きを見直していきたいと思います。

工事部営業課 大久保

お客様の定例会議があり新しい名刺を配りました。いつも会議の進行をされてるA課長に名詞を渡したとき、「いつも気になってたんですが、キューハイテックの社長の奥様ですか」、と聞かれて、慌てて「いいえただの従業員です。」と答えると「ずっとそう思ってました。」といわれました。やはり名刺をみて、「良い笑顔ですね」とも言われました。

会議に出席しても相手に対して、存在感を持っていただける事は営業にとって、大事な事だと再確認したこととやはり見てる方は関心をもって見ておられるんだなと思いました。おかしな行動は取れないですね。

工事部営業課 梅津

朝一で、Sマンションの管理人さんより電話がありました。内容は、「マンションの備品がなくなった。」との事でした。水栓用ワンタッチ接続の部品で、協力業者様にも確認を取ったのですが「使っていなかったはず」との返答。予定を変更し、現状確認と管理人さんの話を伺い購入し対応するつもりでいましたが、5Fのパイプシャフトの中で見つかりました。

これで、結果的には自分を含めた工事に携わった人間が記憶にない部分で使っていた事が分かりました。今回、このことで「誰が?」というのは置いておくとして、感じた事は「工事前の状況」を備品に至るまで気を配る必要性があることを痛感しました。工事のことばかりに気を取られ、その部分では「確認を」という気持ちがあったのですが、前回の養生・清掃と同じく大切な部分だということを知ることが出来ました。

今後は、工事前の回りの様子や状況にも目を向け、このような後戻り作業をなくすためにも意識していきたいと思います。

設備サービス部 溝口

カレンダー

2009年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ