» 2011 » 2月のブログ記事

2月例会の翌日に眞鍋さんと株式会社ゼオライトの河村ご夫妻を訪問しました。眞鍋さんと河村ご夫妻も毎月の勉強仲間ですが、会社には久しぶりのご訪問ということでした。相変わらずというか、すばらしいおもてなしの心でお迎えいただき、毎回恐縮しております。河村会長と眞鍋さんが一緒にお茶をいただいたのですが、そのお茶とお茶菓子のお盆の下にこのような紙が敷いてありました。訪問の際にいただいたお茶の下に敷いてありました。いつも感動します。素晴らしいです。飾ってあった額に河村会長が創られた坂村真民先生の詩を見て、眞鍋さんがとても感激されたので、河村会長が我々に下さいました。河村会長が創った真民先生の言葉また、翌日は早速河村社長よりお礼状が会社に届きました。お葉書を見てさらに感激です。こういうことがすぐにできることが素晴らしいと感じます。訪問した次の日に届いた感謝状。おこがましいですが、一生懸命真似してついていきたいと感じました。河村会長・社長に感謝ですl。河村社長と眞鍋さんと一緒に

福岡同友会博多支部2月例会は、株式会社マルブンの眞鍋明社長にお見えいただきました。そう、1月の愛媛松山第二支部の例会はワタクシが、そして2月博多支部例会は、眞鍋さんに来ていただいたのです。つまり交換条件ってやつですね。おかげで相互交流がしっかりできました。眞鍋さんの講演 マルブンさんは1月のこのブログでもお伝えしたように松山はじめ愛媛県内にイタリアンレストランを4店舗経営されている会社で、愛媛を代表する超繁盛店です。その人財育成の理念や方針を博多支部の例会で語っていただきました。

鬼と金棒理論を使い、鬼=人間力、金棒=知識、スキル、技術などと考え、知識やスキルばかりの人財育成だと、その金棒を持つ鬼の力がなければうまく金棒を振り回せない。まず鬼=人間力を高めていくこと。その人間力を高めるために、感謝力をはじめ、考える力、コミュニケーション力を磨いていく人財育成法を学びました。

人財育成を行うには、「経営理念、経営ビジョン、事業領域」の3つが社長自身が明確にしているかが大切で、それから教育理念、人事方針を明確にすること。特に経営理念の大切さ、例えば、「経営理念の浸透」という言葉を社長自身がどのようにとらえているか、深く考えているかなど、分かりやすく教えていただきました。75名参加の2月例会齊藤支部長の挨拶同友会理念の唱和です司会の立花さん

他の支部からもゲスト参加していただき、総勢75名とたくさんの経営者、幹部のみなさんと有意義な時間を過ごすことが出来ました。目からウロコの素晴らしい例会でしたとみなさん喜んでいただきました。例会担当の古川ブロック長をはじめとする情報交流ブロックの会員のみなさん、運営をしていただきありがとうございました。

例会の詳しい様子は、博多支部ブログ「博多ごよみ」をごらんください。http://hakata-doyu.jp/blog/

このブログで初めて仕事そのものについて書いてみることにしました。今回は、福岡市内某所の太陽光発電システムの取り付け作業です。ちょうどこの日は天気が良くて、作業しているみなさんも作業しやすい様子でした。CIMG1287CIMG1288CIMG1290CIMG1293CIMG1294CIMG1292CIMG1299

 

1枚が15キロほどありますし、落とすと大変ですので慎重さが必要です。また屋根の上に上がっての作業は緊張感を保っていないと事故につながる危険性があります。この日はパネルの設置作業と配線作業を行いました。

建築現場の整理整頓や清掃も、作業をスムーズに行い、事故を未然に防ぐ意味においてとても大切です。今回大工さんが創ったものがとても印象的でしたので、画像をアップしてみます。CIMG1291

太陽光発電システムや台所や浴槽などのお湯周り、水周り、トイレのリフォームなどのご相談がございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

ページ