» 2012 » 4月のブログ記事

昨日は、いつも行なっている社内勉強会に変化をつけようと思い、いつもの社内勉強会の代わりにホテルレオパレス博多で行われた福岡経営研究会4月例会に参加しました。

会場は多くの方々でいっぱいになりました。120名くらいいましたね。経営者の会員さんだけでなく、社員さんも多くいました。特に我々と同じような建築関係の社員さんがいつもより多かったっです。

今回のレクチャーは愛知県から、水谷工業の京極社長をお迎えしました。

雑誌「理念と経営」を使用した社内勉強会を行うことで、社風と社員さんのモチベーションを高め、業績向上を毎年果たしているモデルケースの会社です。

京極さんとは、節目節目でお会いする勉強会仲間でもあります。

 

最初に人財育成のプログラムを社内で導入しようとする時にぶつかる「理想と現実のギャップ」をまず説明してくれました。

多くの社員さんたちが最初に抱く感情、「自分に与えられている直接の仕事以外のことはできるだけやりたくない」という気質、ここでは、職人気質とありますが、ここに直面します。

 

このギャップを埋めるために、いろんな仕組みを考えるわけです。その前に一番大切なことは、経営者として、「社員の幸せのために」ということを伝えることがとても大事です。

「何のために」の第一は我々の幸せです。それを達成するためには同時に「お客様や我々を取り巻く人たち」の幸せの実現が欠かせません。しかし、それはただ何もしないで、努力なしには得られません。幸せをつかむには自ら進んで学ぶ努力が必要になってきます。京極社長はこのことを一生懸命伝えました。

 

実際に人財育成プログラムとして、社内勉強会を導入すると、様々な問題が生じてきます。

ここに誰が、どのように向き合うかが導入成功のカギになります。「本を読むこと」「文章を書くこと」「人前で話すこと」どれも慣れていないとうまくできませんので、うまくできない自分をさらけだすのは嫌だという思いが抵抗になります。

毎月決められた時間に全員集まって勉強会を行うことも抵抗になります。「社長はお客様第一と言っているのに、勉強会はお客さんをほったらかして参加しろというのはおかしい」という意見はその典型です。

リーダー役をやってみると、なかなか思うように意見を引き出せません。自分が直面している仕事に対するリーダーシップは取れても、違う場所に立たせて、組織全体を見渡して周りの人の潜在的な能力を引き出すリーダーシップはなかなかすぐにできないものです。 リーダーシップが取れないから、漫然と意見を聞いて終わり。それがマンネリにつながり意識低下を創ります。

全て、「何のために」この勉強会をやっているのか。を徹底的に伝えることが解決の糸口を創ってくれます。社内勉強会の意味と価値を伝えること。この経営者の努力がとても大事だと京極社長は教えてくれました。

レクチャーの間に、実際にグループディスカッションを行い、発表を取りました。「人前で話す時はどんな気持ちになりますか?」という質問をしていました。誰もが緊張します。慣れや経験がそれをある程度カバーしてくれますが、それでもやはり緊張するものです。

我が社の畠中さんも発表しました。大変緊張したと思いますが、いい経験をしたと思います。

 

 

前回、京極社長に来て頂きましたのは3年前。同じように社員さんを連れて勉強しました。そこで、我々も同じようなスタイルの勉強会にしていこうと決意し、やってみました。

水谷工業さんが直面した問題に我が社も同じようにぶつかり、一つひとつ解決して行きました。

お陰で我が社も随分社内改善がすすみ、社内勉強会も定着しました。

しかしながら、まだまだ未解決の課題も数多く有ります。逆に目指すところが高くなるほど、問題・課題が増えている感じさえします。

それを解決していくのは、やはり社員さんの「肯定的解釈能力」、つまり前向き、積極的、建設的、プラス思考です。 我々に直面する問題・課題は決して優しいものばかりでなく、むしろ我々の気持ちを沈ませる厳しいものが多くあります。そこに直面した時に、どれだけプラス思考で解決していこうとするのか。その自発的な力が求められるのだと改めて感じます。

そして、それは自分だけでなく、まわりの人達も同じようにそれぞれの課題・問題に直面しているのだから、手助けしてあげよう、協力して問題解決を図っていこうという協調性も求められます。

人の心は絶えず揺れ動きます。昨日いいなと思っていても、今日には仏頂づらになることはよくあります。いつも自分をプラスにキープしようとするのは、言うは易し、行うは難しです。だからこそ周りの支えが誰しも必要なことではないでしょうか。

中小企業を取り巻く環境はますます厳しくなるが故に、人財育成は「生きるチカラ」をつける場だと思います。

今回、福岡にお見え頂きました京極社長に感謝申し上げます。

 

 

 

25日は福岡県中小企業家同友会の定時総会でした。

総会では20年永年会員表彰をいただきました。
思えば、28歳で青年支部に入会して、素晴らしい30代を過ごすことができたのも、当時の先輩、同輩、後輩のみなさんのお陰です。

入ったばかりの頃は、大勢の前で流暢に自分の意見を話す先輩を驚きの目で見ておりました。

いろんな役目をいただき、取り組んでみて、たくさんのプラスの感情とマイナスの感情がうごめく自分自身を感じながら揺れ動いていました。

40台になり、青年支部を卒業し、父が生前所属していた博多支部に移籍しました。移籍2年目で福岡地区会創設メンバーに抜擢され、副幹事長の役目を3年間努めさせて頂きました。

いろんな業種の方々と行動を共にしてみて、結果的にその後の自分自身のものを見る目が深く、幅が広がったと実感できます。青年支部長も経験させていただき、未熟ながらトップマネジメントの大切さを知ることができました。若い若いと言われ続けて社長業も同友会と同じように早いもので20年を迎えようとしております。 これまで体験したものをさらに自社に活かせる自分自身の確立を目指していきたいと思います。

21日は、福岡県久留米市において、雑誌「理念と経営」経営者の会北部九州ブロック経営者の会に参加しました。

今回の記念講演は経営者の会の木野親之会長です。木野先生は松下幸之助翁の元、長年従事され松下電送㈱社長を努められ現在パナソニック終身客員として、松下幸之助の理念経営を全国の経営者のみなさんに教えている伝道者でもあります。

300名以上の経営者、経営幹部、社員さんが集まり熱心に学んでいました。

木野先生の松下理念経営の奥義を私も1週間ずっと研修を受けたのはもう4年前になります。

松下幸之助は経営者の仕事の条件として3つの条件を掲げています。

絶対条件としての「経営理念の確立」が50%、

必要条件としての「職場の場づくり」が30%

最後に付帯条件の「戦略と戦術」が20%を唱え、「宇宙根源の法則」に基づいた「王道の経営」を唱えています。「覇道」ではなく、「王道」。つまり「ライバルを蹴落とす競争」ではなく、「何のために」を考え抜き、顧客の価値を考える経営です。

講義の後の経営問答の質問に、「経営理念の確立」とおっしゃっていましたが、確立とは、浸透も含んだものでしょうか?というものがありました。私は含まれると思っていたのですが、木野先生は「浸透は含まない、確立だけだ。まずは自分自身にしっかりと理念と確立させること。ここに集中すること」とおっしゃいました。つまり「ブレない自己の確立」が経営において最も重要だ、と言われる訳です。なるほどなぁと感じました。木野先生の「指導者の一念」と感性論哲学の芳村思風先生の「人間の格」は私のバイブルです。

 

 

昨晩は、社内でお花見会でした。毎年恒例でもう20年以上続けている会です。今回は子供たちの数か多くて、楽しい焼肉パーティーになりました。

今回のベストショットのうちの1枚です。左が今年のレクレーション担当リーダーの岩男正悟さん、右が深町さんです。いい笑顔が撮れました。

今年の新入社員の川鍋さんです。現在、工事現場にて工事課のみなさんについて回って、工事現場を実際に体験してもらっています。

周りに対する感謝の気持ちが強い若者です。これからの活躍がとても楽しみです。

 

 

 

今年の肉質は、例年以上でした。柔らかくてとても美味しかったです。お陰で数日間のダイエットが一発で元通りになりました。(^_^;)

ベテラン社員さんもおいしい焼肉に舌鼓を打っています。

 

我が社の仕事は、寒い時期にとても忙しくなります。今年は特に例年より長い冬だっただけに、こうしてお花見焼肉パーティーで社員さんをやっと慰労することができてホッとしました。

今回は社員さんの子供さんもたくさん参加してくれたので、とても賑やかになりました。

 

 

全員で乾杯しました。

「かんぱーい」っていう声が写真から聞こえてきそうですね。こういう楽しい会をいつもできるような会社にしたいと感じます。

ちなみに我が社には桜の木が1本あります。毎年きれいな花を咲かせてくれます。

 

3月も「理念と経営」社内勉強会を開催しました。年度末ということもあり、参加者が少なめで30名ほどでしたが、それでも活発な意見交換があちこちで見られました。

今回はグループリーダーさんに課題を出してみました。意見を順番に言ってもらうパターンはやめて自発的に意見が出てくるように、自ら挙手して意見を出してもらうこと。その場づくりをしてもらうようにしました。

前から、そういう風に進めている社員さんもいましたが、リーダー役に不慣れな人は、意見を順番に募っていきます。リーダー役と言うより、司会役になっていましたので、全員リーダーに徹してもらいました。

 

 

 

やってみると、周りの人たちもリーダーをサポートしようとして、積極的に発言してくれましたので、却って盛り上がりました。やはり自発性のエネルギーは人を巻き込みます。やってみて実感しました。

 

今回は、こんな絵を創って、経営理念・経営ビジョンと経営方針、計画の違いを説明しました。

一つひとつをはっきりさせることで、理念や方針の大切さを学ぶことができます。

 

 

 

来月は、福岡経営研究会の4月例会に全員で参加することを計画しております。とても楽しみです。

 

 

 

 

 

4月1日本日、福岡市役所前広場にて、第17回福岡フレンドシップフェスティバルが開催されております。このイベントは福岡県中小企業家同友会青年支部が20年前に開催したもので、福岡の障害者支援施設との交流をテーマに開催されました。

いつもは、4月中旬に開催されるのですが、今年は会場の日程の関係で1日になりました。まだまだ少し肌寒いですが、天気は快晴です。 都地支部長の挨拶の後、イベントの最初は和太鼓で始まりました。このあと、いろんなステージイベントが開催されます。

彼らはかしはらホームのメンバーです。20年来参加している仲間です。

バザーのお店もたくさんありますし、我々青年支部OBメンバーは飲食コーナーで焼きそば担当です。いろんなメンバーが一つになってイベントを盛り上げています。

同友会青年支部OBメンバーも頑張っています。中小企業家同友会青年支部は40歳以下の経営者、後継者で構成されています。いろんな形で社会経験して、世の中を見る目を広げる機会をたくさん作って欲しいと感じました。

カレンダー

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

ページ