8月22日は自衛隊を来年3月に除隊される方を対象にした合同企業説明会に参加しました。 福岡国際会議業には九州各地の基地から集まった陸海空の若い自衛隊員であふれていました。趣が少し異なり、制服姿の隊員が場の雰囲気を作っておられました。

いつもの学生の合同企業説明会とは自衛隊を除隊される方々には、入隊の時に期限付きで入隊される方もたくさんおられます。それらの人を含めて除隊後の再就職をお世話するのも自衛隊の人事部の重要な役割だと以前教えてもらいました。

さすがに訓練されている若い自衛隊諸君の礼儀正しく、ハキハキした対応にはとても好感がもてます。また我社の企業理念である、「協働共育」などの説明は釈迦に説法のような感じさえしました。

しかし、彼らの中には学校を卒業してすぐに自衛隊に入隊された方もたくさんいますので、社会に出て民間企業の経営も自衛隊と同じように、「One for all, all for one」の考え方はとても大切だということを会社説明の中でお伝えしました。

 

彼らの任務の内容をそれぞれ伺いましたが、国を守る任務とは言っても様々な任務があるんだなと、こちらがいろいろ教えていただいたような感じがしました。

現場の最前線で射撃をする任務、砲台を設置する任務、最前線と後方部隊との連絡をスムーズに行うための通信システムをつくる任務。飛行機の整備係、任務の一つとしての訓練として柔道漬けの毎日を過ごしていた隊員など、その任務は様々です。

 

自分はデスクワークの毎日を過ごすより、外で体を動かすことが好きですと言われる方が多かったのはとても嬉しかったです。そういう人達がこの日本の土台を作っているのです。日本の平和の土台も彼らが我々の見えないところで創っていることでしょう。

たくさんの隊員が我社のブースに来てくれました。

いい出会いがあることを期待しております。

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ページ