昨日は、10月度の「理念と経営」社内勉強会を開催しました。 だんだん寒くなり、日常業務でほとんどの社員が奔走している中、設問表に自分のコメントを書き、そして周りの人の設問表に朱書きでコメントを書いて参加してくれています。

 

だんだん設問表のコメントの量も増えていますので、その分、ディスカッションも弾みます。好循環の環ができているように感じます。

「お客様の要望に応えるために」と「会社の行事」とどちらが優先ですか?という質問をあえて投げかけました。

だれもが必ず直面する問題です。

ミーティング中であろうが電話が鳴ると席を立って電話を優先させる。

「まだ仕事が終わらないので、遅刻します」とミーティングより日常業務を優先させる。

気持ちは理解できますが、中には、「お客さまのために」ということを一番の理由にして、会社で取り組む行事を避けようとする気持ちも時折垣間見るようです。

両方大事なことを、どのようにしたらうまくいくことが出来るのか。このことを考えてもらいました。

 

ディスカッションが終わると、だんだん恒例になってきました「ありがとうカード」の表彰です。

周りの良いことをした人に対して、そこに光を当てる。「ありがとう」の言葉でその人に光を当てること。そういう視点を養うことがよい社風やお客さまへの気持ちのよい対応を生み出すきっかけになります。

 

ありがとうカードの中に、社員さんの息子さんからのありがとうカードがあったので、ありがとう委員会のメンバーが代わりにお父さんを表彰しました。

すると次の日の朝、私の机の上に息子さんからのありがとうカードが置いてありました。感動しました。

息子さんからのカードを見て、お父さんの人間的成長がとてもうれしく感じました。

人は必ず成長する。そう感じたカードでした。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ページ