去る5月18日、北九州にあります西部ガストレーニングセンターに於いて、第1回P1グランプリが開催され、弊社も2名の社員が選手として参加しました。これは配管技能を競うコンテストで、西部ガスの指定工事店中、8社の社員さんが普段の技能を発揮する場として開催されました。

会場玄関口には、参加選手の顔写真が張ってあり、大会の雰囲気を一層もり立てていました。

開会式の様子です。選手入場にみなさん緊張した面持ちでした。

 

競技開始です。予めルールなどの説明が選手に示されて、制限時間3時間の間に課題の配管を決められた寸法通りに配管できるかを競います。

 

配管技能だけでなく、整理整頓しながら配管を行なっているか、誠実な態度や姿勢で取り組んでいるかなど、多岐に渡る審査項目があります。

 

今回第1回目ということで、配管技能はどの会社の社員さんも素晴らしいメンバーだと感じました。

 

我が社の代表メンバーである小野さんと井本さんもお互い打合せしながら、課題に取り組んでいました。配管競技は各社の応援メンバーや主催者の西部ガス様の関係者など約200名の方が選手の動きをつぶさに見ている、いわば普段とは全く違った環境で配管技能を試されている状況です。

残念ながら、結果は上位入賞にいたりませんでしたが、課題が明確になり、彼らにとってはとてもいい経験ができたのではないかと感じました。

やはり、改めて我々が持っているスキルや技術・技能、ノウハウや知識を活かすには、我々が持っている、ものの見方・考え方、つまり価値観が大切になると、今回のコンテストを通じて改めて感じました。まるで実験室の中で配管技能の発揮度の実験を行なっている感覚さえ感じました。普段からの健全な価値観の醸成が本当に大切です。

この経験は彼らだけでなく、他の工事部の社員さんにも経験させてあげたいなと思いました。

本人たちは大変なんでしょうが。。(笑)お疲れ様でした。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ