「会長になってヒマかろ?」「いつもどおり会社に行っているんでしょ」いろんなことを聞かれます。毎年1月は8日から十日恵比須神社の大祭ですが、今年はインフルエンザにかかってしまい、15年目にして初めてのリタイヤでした。それからいままでの間を少しお話ししてみます。

会社には数回しか行っていません。それも朝7時前に出社し、それぞれの工事現場に行く工事スタッフを見送ってから、8時過ぎの朝礼時にはそっと退社し、朝礼には参加していません。

私は「一つの舟に2人も船頭はいらない」といつも言っています。社長として任せている以上、新社長に任せることを徹底しています。私が会社に行くと、社員のみんなは私の視線、行動に関心を寄せます。指示を仰ごうとします。それでは会長になった意味がありません。極力無関心を装っています。もちろん会社のことはいつも気になっているので、結局会社の中にいようが、外で何をしていようが一緒だなということを再確認できました(笑)

「まだまだ任せておけん」と言って会社に居座っていては、結局部下の成長を妨げているのは、社長の「自己承認欲求の強さ」ではないかと私は感じるのです。会社に行かないで、居場所を求めさまようことをやってみて初めて、自分の中にある自己承認欲求の強さをより客観的に観ることができます。

もちろん、松下幸之助翁の言葉にある「任せて任せず」の実践をしなければなりません。しかしこの「任せる」という方法は人それぞれです。報連相を徹底しようばかりが「任せず」ではないと私は感じます。私は常日頃、「責任を取るのは社長の仕事 責任を果たすのは社員の仕事 責任を果たすとはより良い方向へ努力をし続けること」ですと言い続けています。「任せず」というのは、責任を取ることまで社員にはさせない。責任を取るのは社長の仕事。今はオーナー経営者である会長の仕事だと考えています。

「自分で考え、自分で組み立てること」これが成長の機会としては最良の機会です。これをたくさん作ってあげることで、人は成長していくのだと感じています。私が会社に行けば、行き過ぎた自己承認欲求で、指示命令を出してしまうに違いありません。だったら行かないで、見守ることも重要なのです。その間の時間の費やし方は今回の論点ではありません。いろいろやっていますw(笑)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年4月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ