» 2010 » 9月のブログ記事

29日は弊社キューハイテック会議室において、「理念と経営」社内勉強会を開催しました。ゲストは3社7名のご参加をいただき、合計46名にて行いました。熱く語るメンバー今月号の設問は社員さんにとって経営とは何かを語ってもらったり、経営危機に陥った場合にどうするかを尋ねたり、少々難しかった面もありますが、いつものように楽しくディスカッションしていました。熱く語る坂田さんと椎葉さんおもむろにお茶を取る奥村さん林田さんは晩御飯の準備をして勉強会に参加してくれています。ありがとうこの社内勉強会は経営理念と浸透と価値観の共有化を目的に「お客さまの喜びをどのようにして集めるか」をテーマに行っています。価値観と言う土台の部分ですので、やったからすぐにどうという結果が出るわけではありませんが、漢方薬みたいなもので、長くやっているとジワリジワリと効いてくるものだと私は感じています。楽しそうに語るメンバー回を重ねるにつれて、本の読み方が深くなり、設問に対する答えが深くなっている社員さんもだんだん出てきました。継続は力なりで続けていきたいと思います。動画もありますのでここをクリック!してみてください

27日にアイケイケイ株式会社様の上場記念パーティーがララシャンス博多の森で行われ160名もの方々と一緒にアイケイケイ様の上場を祝福しました。パーティー全景なかなか見られない金子社長のお茶目な姿http://www.ikk-grp.jp/

金子和斗志社長とは、2004年から学びの友としてお付き合いさせていただいております。多くの社員さんも一緒に経営を学んだ仲間であり、同志でもあります。人は夢・ビジョンを高く、大きく掲げてそれに向かって突き進むと必ず夢は実現する。このことを金子社長ご自身が証明され、我々に示してくださいました。すばらしい料理1ピンボケ日高の乾杯の様子一人ひとり食材が違うオードブルにはビックリ!料理も、おもてなししてくださいましたスタッフのみなさまも最高でした。そしてさらに目標に向かって全員で突き進んでいるみなさんが素晴らしいと感じたと同時に、私もアイケイケイさんを目指して頑張って行きたいと心より感じました。

昨日は佐賀経営研究会が主催する5時間セミナーの「今すぐ使える差別化戦略」に参加してまいりました。講師は古永泰夫さんです。勉強会の全景です。140名近く講義の内容はどの業界においても、少子高齢化で市場が小さくなっていく今、どのように差別化して、お客さまに付加価値を与え続けていく企業にするか。そのためには理念の浸透・社風の改善・戦略の3つが見えないもののベースとなって、それが形となってお客様に提供できる商品やサービスにつながっていくのである。佐賀の島ノ江会長です古永講師です。

理念の浸透は時間がかかるが絶対にやらないといけない土台の部分、それが社風となって場づくりになり、闘う武器(商品・サービス)を持って、どのように戦っていくか(戦略)がとても大切です。 また新しいものを創るには、革新と非常識での発想が大切。そして実行していくには古いものを捨てる勇気が必要だと教えていただきました。佐賀5時間セミナー講義まとめ

11日は全日本マネジメントコーチング協会認定コーチ試験が全国4か所の会場で開催されました。CIMG0876福岡会場では3人の受験生が認定コーチ試験にチャレンジされました。私と大島さんはマネジメントコーチング協会理事として試験監督官でした。午後2時より始まり、筆記試験70分と小論文50分の内容で午後4時に終了しました。私も受験したのでよくわかりますが、本当に幅広く、ボリュームのある内容で受験生のみなさんは全国で大変な思いをされたのではなかったかと思います。

単なるコーチングの知識だけでなく、マネジメントの知識を習得しておかないとなかなか解けない内容だけにこの試験のレベルの高さを感じることができたのではないでしょうか。いずれにしましても、3人の受験しようとする決断力に敬意を表します。 なかなか決断できない人、決めてもドタキャンされる方、いろんな方がおられる中で受験しようとされた決断そのものが大切ではないかと改めて感じました。 みなさんご苦労様でした。

4日は福岡国際会議場で日創研福岡経営研究会主催の「企業の成功法則6時間セミナー」を開催し、200名もの経営者、経営幹部、社員さんと一緒に学びました。200名ものご参加をいただきました今回の講師の杵渕隆講師は、現在東京センターを中心にご活躍されておられ、SAコース・PSVをはじめ、プロジェクトでつくる増益経営6カ月セミナー、親子で学ぶ効果的なコミュニケーションセミナー、ワークマネジメントセミナーなど数々の研修を担当されておられます。

杵渕講師も福岡での講演活動は初めてということで、最初から我々のために飛ばしに飛ばして、汗だくだくでお話されておられたのがとても印象的でした。杵渕講師です。

今回の杵渕講師の冒頭のご挨拶が印象的でした。「私は18年間、人間が持っている潜在的能力について徹底的に研究してまいりました。人間はだれもが可能性を持っています。やれると思ったらやれる。やれないと思ったらやれない。絶対的な法則としてそうなっているのです」

講義の内容は社内改善のための効果的な社内におけるプロジェクトチームの創り方とその運用の仕方についてをメインに人財育成の大切さや経営理念の大切さをご講義いただきました。ヒダカは冒頭のご挨拶をさせていただきました熱い講義をいただきました場の雰囲気を作り出そうと努力しています福岡経営研究会のメンバーです。熱心なディスカッション実行委員会のスタッフメンバーのみなさんです

今回このセミナーを開催するに当たり、たくさんの方々のお力をお借りしました。今回のセミナー開催を通じてチームプレーの大切さやリーダーシップなどあらゆる角度で学ぶことができたのではないかと思います。みなさんありがとうございました。

8月30日31日の2日間、東京都江東区にあります、ホテルイースト21において、日創研経営研究会の全国特別研修に参加しました。全国から520名の中小企業の経営者が集まり、「顧客満足をすすめる・ありがとう経営」というテーマで学んで参りました。福岡経営研究会からは11名の参加でした。福岡経営研究会のメンバー冒頭の福岡所属の大島本部副会長の挨拶から始まり、田舞本部会長による講義でスタートしました。「昔は働いた量だけ儲かる時代だったが、今はすでに違う。働いた量と共に質を同時に求められている時代になった。それはサービス業にとどまらず、どの分野の業態も同じように質の高いサービスを求められている」との本部会長の講義から、経営理念に基づく経営の大切さ、戦略・戦術との両輪を図ることの重要性をご講義いただきました。コストの面からもロスコストを省き、プロフィットコストを増やし、市場縮小の現在の営業戦略の重要性として「顧客接点を増やすこと」「お客様満足と同時に社員さん満足をいかにつくるか」を事例を踏まえて、またディスカッションをたくさん取り入れた講義になりました。田舞本部会長のご挨拶研修全景1大島本部副会長の挨拶大会初日は㈱ヤマサンの大秦社長の事例報告でした。京都で味噌・醤油などの健康食品の通信販売をされておられます。http://www.kyotoyamasan.jp/

「私は経営理念、人生ビジョンに執念を持っている」と熱く語られたのがとても印象的でしたが、戦略もすばらしく、宇治でオープンした0円カフェは全国のマスコミに取り上げられ、まさに「理念と経営」の体現者です。

2日目は㈱ミヤザキの山之上社長と㈱マルブンの真鍋社長のパネルディスカッションでした。㈱ミヤザキさんはプラスティック加工業で、本社は埼玉ですが、宮崎県小林市のご出身ということもあり、地元小林市にも工場があります。最近では宮崎の「頑張る中小企業」の表彰を受けられ、平成19年には、「渋沢栄一ベンチャードリーム賞」の大賞を受賞されておられます。http://miyazaki-net.com/ 私も小林の工場見学に3年前にお伺いしました。朝礼がすばらしく、社員さんに徹底的に経営理念の浸透を図り、自主管理型の組織運営、人間尊重の精神を貫かれておられます。経常利益も25%と業界において一人勝ちの様子を見せておられるすばらしい企業です。

㈱マルブンの真鍋社長は愛媛に4店舗を構えるイタリアンを中心とした洋風レストランを経営されておられます。http://www.marubun8.com/ 私も今年マルブンdkに行きましたが、顧客感動のサービスを徹底されておられます。私が行った時には、「キューハイテック 日高社長ようこそ」と我が社のロゴマーク入りのろうそくがテーブルにありました。びっくりしました。予約は2時間くらい前の話です。すごいでしょ。 お客さまのおもてなしにスタッフのみなさんが知恵を絞って考えておられます。当然お店の評判は上々で、増益経営を実現されておられ、自己資本50%を超える優良企業です。熱心に議論する福岡メンバー520名の経営者が集まりました。身ぶり手ぶりで発表するメンバー人財育成を通じて理念経営を貫いていくことが、増益経営につながり、中小企業として発展していくのだということを3名の素晴らしい経営者から学ぶことができました。ありがとうございました。

カレンダー

2010年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

ページ