昨日はシーホークホテルにて、福岡県中小企業家同友会の経営者フォーラムに参加してきました。毎年この時期に開催され、福岡県内の中小企業経営者が約800名ほど集まる大勉強会です。今回は基調講演として、立教大学教授の山口義行先生をお招きしてしました。山口先生は金融論などの経済学のご専門なのですが、我々中小企業に対してとても見識があり理解を示してくださる先生です。リーマンショックが我々中小企業にどのようなプロセスで影響を受けているのか、などをわかりやすく説明してくださり、中小企業経営者の情報武装に対する関心の低さに警鐘を鳴らされておられました。  CIMG1774CIMG1777

CIMG1778

今後の成熟時代の事業発展のキーワードとして「つなぐ」「問う」と言われました。いろんな価値をつないで新たな価値創造を行うこと。お客様に問いかけること、自分自身の経営に問い直すことなどをご指摘いただきました。「いままでは、モノが動いて心が動く時代、これからは、心が動いてから、モノが動く時代」と成熟した社会では、まず「感動がなければ購買につながっていかない」と時代を見据えた目を求められておられました。

CIMG1780

これは、基調講演のあとの分科会のシーンです。12の分科会に分かれて、それぞれのテーマで勉強会が開催されました。私は同友会が現在推進している、「企業変革支援プログラム」についての分科会に参加しました。約80名の分科会で10のテーブルに分かれて2時間たっぷり勉強をさせていただきました。みなさんこの厳しい時期をどのように乗り切っていくか真剣に取り組んでおられるなと感じました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ページ