» 2010 » 6月のブログ記事

29日はピータードラッカーの読書会に2回目の参加をして参りました。場所はあまり公表してはいけないらしくて、某政令都市のF市役所内会議室にて行われました。市役所の建物には初めて入りました。前回は場所が分からなくて市役所の建物中をうろうろしましたが、今回はスムーズでした。うろうろしたおかげで市役所ツアーが出来ました。へぇ~公務員のみなさんはこういうところで仕事をしているのかぁって感じでしたね。

それでドラッカー勉強会に参加させていただいた訳ですが、今回で2回目になります。ドラッカー学会なるものの存在を知ってホームぺージを見てみると福岡でも勉強会をやっていると書いてある。ならばいっちょ他流試合でもやってみるかぁ~ということで先月参加してみました。いままでいろんな会に参加しましたが、経営者ばかりのところにいたので、ここの雰囲気は若い人だったり、経営者ではない方もいたりして、独特で趣があっていいかな~って感じです。ドラッカー読書会今回はマネジメント全3巻の内、上巻の最初の40ページを読んでのディスカッションです。私は新参者なので多少控えめにして他の方の意見を聴いていました。読み込んでおられる方はスゴいなぁというシーンがいくつもありました。

「ドラッカーの5つの質問は覚えています?」ん?5つの質問ってなんだっけ?顧客とは誰かだったっけ。若い方もいます使命は何かだったっけ?オレはその時は読書会いなかったぞ。。。質問が頭の中を駆け巡りました(笑)「あなたの質問に対する答えはマネジメントの200ページに書いてあるから、あとでじっくり勉強していきましょう」とかスゴい言葉が出てきます。それでも決して気おくれすることはありませんでしたが。。

今回もいろんな方々が参加されていましたが、初参加の女性経営者の方は創業したばかりで経営が何も分からずにがむしゃらに頑張ったけど、うまくいかなかったので、このマネジメントを精読して顧客の絞り込みをやったら軌道に乗り出した、とまさに今はやりの「もしドラ」みたいなお話をされたのがとても印象的でした。「マネジメント」を信じて読み込んでいきたいという発言がすごかったですね。 ところで、「もしドラ」は90万部もの大ヒット作品になりましたね。マネジメントのエッセンシャル版も22万部売れているそうです。D社の企画勝ちですね。

この難しく、かつ分厚いドラッカーを読み込む刺激になる会です。そして会に出てみるといろんなところで出会いがあり、ご縁があるんですよ。これが。。世の中は広くて狭いなぁってのが2番目の感想です。

ドラッカーの本は苦手だけどかじりたいという方には、http://drucker-ws.org/ドラッカー学会のレポートを見ることができます。これだけで読んだ気になります(笑) もしドラをご存じない方はhttp://www.moshidora.jp/blog/ なんと公式HPまであるとは。。

昨日は18時より「理念と経営」社内勉強会を開催し、43名の社員さん、協力業者さん、ゲストのみなさまと楽しく勉強会を開催することができました。今回も楽しくディスカッションすることができました。勉強会全景予め準備した設問表に一人ひとりが記事を読んで感じたことを記入し、それを日高が赤ペンでコメントを入れてグループ討論に臨みます。60分のディスカッションですが、以前はグループリーダーが設問に答えるだけで、時間があまったりしているグループもあったのですが、最近は設問の一つ一つにディスカッションが出来ている感じがします。グループリーダーは持ち回りですが、リーダーとしてメンバーの意見を引き出すことに関心を寄せている結果なのかもしれませんね。画像をクリックすると大きくなります。意見の後は必ず拍手今回もご参加の尾崎さんグループ自分の意見を語る野見山さん初参加のダイワス山崎社長盛り上がっているやん土井支店長にもご参加いただきました。

社内勉強会を始めて3年。全員で楽しいディスカッションスタイルが定着してからもうすぐ1年になります。動画をアップしてみました。発表する野川彰さん このように設問表一つ一つを発表していきます。別の動画がこれです。黄色シャツの大坂さんとジェスチャーたっぷりの深町さん 工事現場で働く社員さんたちがディスカッションに燃えております(笑) 楽しい場づくりが積極性を生み出し、アイデアを生み出すのだと感じます。ゲストで参加してくださいました5名の皆さんの存在も大きいです。知らない人がグループに加わるといいところを見せようと発言します。それがまたいい意見を引き出します。 ゲスト参加者のみなさん、ありがとうございました。

全員で理念の唱和27日は久留米ビジネスセンターにおいて、九州経営発表大会が開催され、北部九州地区より、200名を超える経営者、幹部、社員さんが集まり、24名の経営者の経営発表会を開催しました。大会主催の筑後広域経営研究会の久光会長の挨拶です。久光会長ご挨拶

まず最初に北九州経営研究会の株式会社しんこう越野修司社長による基調講演をいただきました。 基調講演の越野社長

まさに20年以上学び続けてこられた方でないとお話しできないような、実際に学んだこと一つ一つを社内に落とし込んで、実践されてきた真の経営者のお話でした。

人に歴史あり、と申しますが、まさに山あり谷ありの会社経営を学び続けること
によって困難を乗り越えてこられたのだなと改めて感じることができました。

すばらしい!「マネジメント能力とは、現実と夢、ビジョンのギャップの認識能力のことである」と語っておられました。夢、ビジョンを大きく語ることで、マネジメント能力が広がって行くことを示唆されておられました。ビジョンアプローチシートには、100年ビジョンが記載されていました。夢・ビジョンを大きく語ることがマネジメント能力アップの秘訣だなと感じました。しかし100年ビジョンはすごいですね。。8グループのアドバイザーのみなさんアドバイスシートアドバイスをする重富さん室長の時里さん茶花の里の高良専務の発表大輝不動産の大久保社長の発表明友工業の伊藤社長の発表

各グループの発表もみなさん一生懸命発表されました。私のグループには社長と共に参加した16歳の社員さんがいました。経営発表を聴いてもあまりわからない様子のところもありました。しかし社長の発表には食い入るように聴いていました、また社長さんもその社員さんに思いを一生懸命伝えていました北九州の高柳社長の前の茶髪の彼は16歳!11月には全国経営発表大会があり、そこでは全国から集まった900名近くの経営者の方々が2日間に渡り、熱いディスカッションが繰り広げられます。その前哨戦として本当に大成功の経営発表大会でした。大会主管の筑後広域経営研究会のみなさまありがとうございました。

パワーポイントを使ってのプレゼンです。24日は大阪でエクセレントリーダーシップ養成講座の第3講に参加しました。社内教育、人財育成のリーダー役としてOJTの手法を自分たちで考え、発表する場として学んでいます。今回は4名で1カ月間練りに練って作ったパワーポイントを使ってのプレゼンテーションになりました。3人でプレゼンです。頑張る金谷さんを見守るワタシ峯本さんのまとめプレゼン完了ですプレゼンの評価中です。熱心な議論が展開されます。プレゼンのディスカッション中ディスカッションは続く感動のサービス

岐阜の峯本さん。大阪の内海さん、金谷さんと私です。この4名はスカイプを使っての会議をしてどんなプレゼンを作ったらいいのかを1カ月間議論しました。この議論している間が楽しかったですね。毎週日曜日の夜9時からパソコンの前でスカイプやるわけです。最初はなかなか考えが思い浮かびません。また出てきたアイデアもまとまりません。しかし会を重ねていくたびにだんだんまとまっていき、形になって行きます。そして発表です。最後はまな板のコイですね。ポイントはやはり楽しんでやることですね。自分たちが楽しまないと社員さんに楽しい気持ちで人財育成はできないなぁ~と改めて感じました。 しかめっ面で勉強する時代は終わりました。

23日は早良市民センターにて経営理念委員会が開催され、医療法人ペンタデントの松岡正道理事長による経営発表でした。勉強会全景松岡理事長は3つの歯科医院を経営されていますが、24時まで営業していたり、正月休みも開いていたり、ユニークな経営で患者さんを惹きつけています。今回は自身で見直した経営理念を現在会社に一生懸命浸透させている様子を発表していただきました。とても熱心な発表でみなさん感激していました。すばらしい理念プロレスラーに語りかける歯医者さんビジョンも素晴らしい!小さい画像はクリックしてください。大きくなります。HPはhttp://www.pentadent.net/です。一度ご覧ください。語る松岡院長理念が浸透する様子が我々にも伝わります。何度か松岡理事長のお話を伺いましたが、お話の仕方ももちろんですが、中身もどんどん進化しているような気がします。見習わないといけません。

19日は芳村思風先生の講演会に伺う前に、福岡県中小企業家同友会のフォローアップセミナーに参加し、第1部の第一の扉として、「同友会の歴史と理念」のコーナーで報告させていただきました。

会歴は17年ほどですので、歴史を語れるほどではありませんので、主に「経営理念」について自分なりの考えをお話させていただきました。 齊藤博多支部支部長が詳しくブログにアップされましたので、そちらをご覧ください。

http://hakata-doyu.jp/blog/?p=420

19日は、熊本にて芳村思風先生の感性論哲学の講演会に参加しました。

感性論哲学は理性に縛られた西洋の哲学ではなく、人間が本来持っている感性の力を大切にしようとする哲学です。学問の発生理由には2つあり、一つはもっと知りたいという認識欲から来る「科学」。 そしてもっと幸せになりたいという幸福欲から来る「哲学」です。幸せとは一体何なのか、もっと幸せになるにはどうすればよいかを考える学問であり、理想を探求する、理念を探求する学問が「哲学」です。

講演中の思風先生相変わらずの淡々とお話される思風節で、初めて聴かれた方は何をお話しているのかわからなかった方もいらっしゃるかもしれません。しかし、びっくりしたのが、若い方がたくさんいらしゃったことです。伺ってみますと2回目、3回目の受講をされた方も多いそうです。世の中まだまだ捨てたものじゃないなぁと感じました。若い感性に期待します。

4年前から2年間、感性論哲学を延べ100時間くらい学び、一冊のノートにまとめました。そのノートにサインをいただきました。その後お食事会で初めてお話させていただき、楽しいひと時を過ごしました。結構ミーハーですが。。(笑)樺島さんと3ショットノートにいただきました参加のみなさんとウルトラショット哲学とは、物事の本質を探る学問である。本質を探らないと根拠を持って理念を語ることが出来ない。哲学とは主体性を持った人間がより人間らしく生きようとするものである。感性論哲学は「意思の力」と「愛の実力」を磨けと教えてくれます。会社経営の根幹に立つ考え方です。会社は社会の一部であり、全て社会性をもつものである。社会性とは、異なる考え方を持った人々と共に手を取り合って生きていこうとする力のことである。すなわちそれが「愛」である。愛とは相手の短所を許し、補い、長所と関わる力のことである。と教えてくれます。 感性論哲学をもっと学び続けて、人間の本質を深く学んでいきたいと思います。主催してくださいました、熊本思風塾の森本さんには、大変お世話になりました。ありがとうございました。

http://hakata-doyu.jp/blog/

今回は同友会博多支部のブログにアップしました。ご覧ください。

受賞しました。14日第28回福岡県安全運転管理協議会交通事故防止コンクールにおきまして、優良事業所として表彰式に出席し、表彰状をいただいてきました。交通安全意識を高めようと10年前くらいから取り組んでおります。この額に入った表彰状はとてもきれいです。CIMG0450以前は事故や違反が絶えない職場でした。それが職人気質であるなんて間違った解釈をしていた人もいました。いまでは安全意識を持って運転してくれています。結果的に保険料などの固定費を削減することにもつながりますからね。来年は最優秀事業所賞をめざしたいですね。

2日に一日かけて同友会の会員訪問をしようと言うことで、博多支部の古川さんと福友支部の筑前りょう太さんの3人で会員訪問をして10社の社長さんと面談することができました。その中で、筑前りょう太さんの老人ホームへの慰問がありましたので同行させていただくことになりました。午前中6社ほど訪問したのち、14時より福岡市東区と言ってもほとんど久山町の光薫寺ビハーラへ行きました。90歳近くのお年寄り20名くらいの前でスピーチです。CIMG0422最初はあまりノリがよくなく、一生懸命身ぶり手ぶりで話す筑前さんに対して、反応は小さめ。職員の方も必死で盛り上げようと拍手をするも90歳くらいのお年寄りの反応は鈍かったです。CIMG0425それでも明るく元気にスピーチした後、着ているTシャツを脱いで裸でのポーズを取りプロレスラーのパフォーマンスを見せた後、一人ひとりに丁寧に握手をして、それから自分の腕や胸を触らせてエネルギーを送る筑前さん。その姿に感動しました。画像と動画をアップしましたのでぜひご覧ください。CIMG0427CIMG0428CIMG0429CIMG0430CIMG0432画像はクリックするとアップになります。そして動画はこれです。エネルギーの交換です。感動して涙が出そうになるのを古川さんと必死にこらえて普通を装って写真を撮っていました。つぎは、お姫様抱っこです。私は筑前りょう太に「本物の男の優しさ」を見ることができました。こんなに優しさを自然に表現できる素晴らしさ。来てよかったなぁ~と改めて感じました。そして、自分の夢・ビジョンを語ります。熱い思いを語る筑前りょう太 ちょっと5分と長いですが、まさに九州プロレスは「理念経営」を実践しています。最後にお決まりの九州ば元気にするバイ!ポーズで締めくくりました。約1時間の滞在でしたが、本当に価値のある時間を過ごしました。来月は筋肉山笠があります。熱い戦いや家族で楽しめる試合がもりだくさんです。ぜひ一度見てほしいと思います。http://www.kyushu-pro-wrestling.com/

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

ページ