» 2011 » 3月のブログ記事

つい先ほどまで、3月度の社内勉強会を行っておりました。今回は約30名、そしてサンエイ企画さんから5名の社員さんで勉強しました。

楽しくディスカッションする岩槻さん←ここをクリックすると動画が見られます

今回は40分のディスカッションと発表でした。楽しい場づくりがいろんな意見を引き出していきます。

今回サンエイ企画からご参加の草刈さん、永田さん、行徳さん、岡田さん、池内さんです。いっしょに楽しくディスカッションしました。

今回もその後、自分たちの身体で体験する実習ワークを行いました。経営理念の大切さや方針を理解することの大切さ、自分で考えて動くことの大切さを学んでいきました。 実際自分の体で体感するととても分かりやすいと思います。ワーク後のディスカッション←動画です。

意見発表は野川博之さん、小野さん、前田さん、山内さん、濱添さんでした。いろんな気づきの発表をしてくれました。人はいろんな考えを持っている、違ってていいんだと感じることが出来ました。

今回も司会はOJTリーダーの待鳥さんにやってもらいました。2回目ということもあり、初回に比べてリラックスできていたのではないかと思います。本人は悪戦苦闘だったようです。

それがいいんですね~

3回目もよろしくお願いします。

昨日、日創研福岡経営研究会の有志一同で、東日本・関東大震災への救援募金活動を行いました。博多駅筑紫口のホテルクリオコートさんの前をお借りして、17時より行い、たくさんの方々の温かいお気持ちをいただきました。 わずか2時間でしたが、みんなで声を張り上げて募金活動を行いました。「初めての体験でした」と言われるメンバーもやってみるといろんな思いがあったみたいです。

募金としては、178000円集めることができました。 私もいろんな募金活動を体験しましたが、短期間でこのような数字になったのは今回が初めてで、改めて今回の災害に対する皆さんの支援のお気持ちを感じることができました。もちろん、金額の大小ではありませんが、若い女性が自分の財布から5000円出して募金しようとして思わず、「本当にいいの?」と声かけしたメンバーもいました。

今回は募金活動をやってみて、いろんな方々に募金をしていただいたのですが、特に、若い人たちが積極的に募金をされるのを見て、まだまだ日本は捨てたものじゃないぞ、と感じました。また、募金活動に参加してくれたメンバーの社員さんが「だんだん楽しくなってきました」という声を聞いて、改めて人間は本気で物事を行うと、だんたんそれが楽しさに変わってくるのだなと感じることができました。

街頭募金の様子を動画にしてみました。←ここをクリックしてください

次回は未定ですが、おそらく来月またやります。今度はもっと大々的に開催する予定です。我々は我々ができることをやればいいんだ、と感じることができました。みなさまからいただいた募金は、本部経営研究会を通じて日本赤十字社にお送りする予定です。

28日午前、福岡空港にて、今回の東日本大地震の復旧支援活動に弊社社員さん2名が出発するために、出発式に臨み、終了後直ちに現地に向かいました。

今回は西部ガスさんの救援隊として、仙台市の仙台市営ガスさんの復旧活動に参加することになりました。出発式のお話によりますと、現在約40万戸が供給停止で、24日からの復旧活動での復旧率はわずかに4%とのことでした。

全国からガス導管網の復旧活動に約3200名が参加することになっており、懸命の復旧活動で東北のみなさんにガスの火の温かさをできるだけ提供できるようになればとの思いです。

(見送る弊社井上常務に野川彰さんと井本さん)

彼らが復旧作業を行う場所は仙台市でも被災した海側の地域に比較的近いところらしいです。また、宿泊する場所が、市街地に近い宿泊地は控えようと被災者に対する配慮もあって、仙台市から約80キロ離れた大崎市の鳴子温泉というところです。毎日の作業と運転なので大変だと思います。

東北ば元気にするために、日本ば元気にするために、被災地でしっかりとお役に立ってほしいと思います。頑張れ!井本さん、野川さん!

27日、福岡市の西鉄ホールにて、九州プロレス「筋肉飛梅‘11~東北ば元気にするバイ!~」に参加し、選手の熱いファイトと応援していただいたみなさんの温かい気持ちが東北の被災地に届けられました。東北と九州と日本ば元気にするバイ!←ここをクリック!動画が出ます

今回はコミュカルな要素がたくさんあり、活気を出していこうとする気持ちが伝わった内容ではなかったかと思います。筑前と台風のナイスファイト!

リーダーの筑前りょう太は、日創研福岡経営研究会、中洲川端倫理法人会、福岡県中小企業家同友会福友支部の会員さんであり、経営を学ぶプロレスラーとして、我々の仲間でもあります。

いつもながら、彼のリングからの声は熱く、「プロレスを通じて、世の中の人の心を元気にしよう」「九州ば元気にするバイ!」と自ら身体を張った生き様は、まさに理念経営の実践者でもあり、とても尊敬できるところでもあります。東北と九州と日本ば元気にするバイ!

この様にたくさんの方々が募金に協力してくれました。

そして東北へこの応援旗も一緒に届けられる予定です。 自分たちができることをやろうということを見せていただきました。選手のみなさん、ナイスファイトでした。

コーポレートコミュニケーションリーダー養成講座に参加しました。この研修は社内のOJTリーダーになって社内改善活動を推進していこうとするもので、最新の心理学やNLP理論などを実習を通じて学び、体験してみて実感できるようになっている研修です。

OJTとは、On the job trainingの略で、社内で取り組む研修のことです。通常はOJTを活用している企業さんは、社員さんの仕事上の知識習得やスキル習得に活用されていますが、ここでは、社風改善活動を通じて自立型組織を創っていこう。そのためには、社員さんへの経営理念や経営ビジョンの浸透を通じて健全な価値観を共有化して行くことなどを目標に社員さんへのアプローチを学んでいきます。こんな感じでグループ形式で学んでいきます。グループにはテーマを決めて発表することを求められていますので、みなさん思い思いのテーマを決めて、グループでそれを統合されて、みなさんの思いを合わせていくスタイルを取っています。

社員さんの待鳥さんも参加しています。将来の我が社のOJTリーダーです。

テキストの一部をこそ~っと撮影しました。社員一人一人がどんなものの見方、考え方をしているのか、現在どのくらいの意識レベルにいるのかを知ることは良好な組織を創るのにとても大切なことだと改めて感じます。

ものすごく、頭というか脳みそを使うだけに、「楽しくやろう!」が合言葉です。楽しい雰囲気が脳を活性化させます。 脳みそがくたくたになってしまうので、チョコレートやお菓子がふんだんに準備しています。 脳は糖分を要求するのです。おかげでいつも私は太って帰ってきます(笑)

3月9日は日創研経営研究会3月例会が開催されました。今回はベストオフィスクリエーション塚崎ひとみ社長による 「わが社の人財育成」とテーマで90分間のレクチャーでした。単に技術や知識習得だけでなく、人間力を高めることを中心とした人財育成を行い、それがどのようにして業績アップにつなげていくのかをパワーポイントを使ってわかりやすく説明していただきました(ブログの写真にカーソルを当ててもらえれば文字がでてきます)。

挨拶する金村会長今月の新入会員の鶴田さんです。まずは身体を使った実習からレクチャーの前にベストオフィスクリエーションの社員さんによる朝礼のデモンストレーションをしていただきました。今年の倫理法人会の朝礼コンクールにも出場されますので、少々倫理っぽい朝礼になっていましたベストオフィスクリエーションの朝礼デモ←動画です。ここをクリック

理念唱和はデリス井土さんです

まずは、一つの理念、二つの目的、三つの誓いの理念唱和を㈱デリスの井土さんがリーダーとして行いました。

唱和する参加者のみなさん

レクチャー中の塚崎さんこの笑顔に人はひきつけられ、そして怒られる(笑)塚崎さんのレクチャーは何度も聴いていますが、どんどんブラッシュアップされている感じがしました。ブラッシュアップされると、伝えることがシンプルでとてもわかりやすくなると感じました。

1社長がやろうとおもっているんだけど。。2やったりやらなかったり。。3やっているけど義務的4社員さんに主体性があり改善がある5業績に反映していると感じる

人財育成を本気で社内導入しようとするときの社長と組織の意識の5段階を示しています。

過去と現在の営業活動の変化理念の浸透について社内勉強会の活用我が社の経営ビジョン

社内勉強会で学んだことを付加価値としてどのようにお客さまにお伝えしていくか、人間力と感謝力、仕事力と考える力の4つの力をどのように活かしていくかがポイントですが、これもやって行くうちにだんだんとレベルアップしていけばいいし、最初から成果を社長が求めすぎるとうまくいかないパターンが多いようですね。

発表する池内さん発表する宮本さん

 

 

何名かの方に意見を伺いましたが、人財育成のスタートの壁はまず自分の心の壁にどう向き合えるか、つまり社員さんに「なぜこれが我が社に必要なのか」をしっかり伝えることができる自分づくりが大切なようです。

次に「社員さんの心を解きほぐす仕掛けづくり」もポイントです。いずれにしましても、社内で何か新しいことをやろうとすると、必ずぶつかる壁に我々経営者がどのように向き合っていけるかが最大のポイントでしょうね。発表する健康住宅の全さん←動画です。ここをクリック!

ディスカッションの様子2ヒダカも監事講評をさせていただきました。カラオケではありません。(笑)

改めて、経営資源は人そのものだと感じます。その人の育成、社員の育成にどれだけ力を入れられるか、そこに経営者が本気になること。そのためには経営者自身がまず学ぶことを改めて感じました。

塚崎さんのレクチャーにはいままで彼女が学んできたことがたくさんちりばめておられました。たくさん学んでこられたからこそ、それを社内で実践してこられたからこそ説得力があります。我々は改めてここを学ぶ必要があると思いました。 今回はけっこう力が入ったブログでした(笑)

2月28日に弊社会議室において、「理念と経営」社内勉強会を開催しました。今回はサンエイ企画さんより阿部さんをはじめ3名の社員さん、株式会社HJPの東社長と重富さん、合計6名のゲストを交えて開催しました。いつもの設問表のディスカッションに加えて、今回は実習ワークを付け加えたものを行い、総合司会を初めて待鳥さんに担当してもらいました。もちろん、いつもの和気あいあいの雰囲気はそのままです。開始直後の社内勉強会 CIMG1359CIMG1360CIMG1361CIMG1362勉強会でみなさん楽しんで学んでいました。←ここもクリックしてみてください。

今回は総合司会を待鳥さんに担当してもらいました。学習ワークは体験実習で、実際に身体を動かして試してみることで、感じたことをディスカッションしてもらいました。今回は「三角形の実習」を行いましたが、この実習で組織をあり方を学んでいこうとするものです。ビデオはその実習のまとめを話しています。体験することがまず大切だと改めて感じました。ゲスト参加された6名のみなさんも楽しく学んだ勉強会でした。待鳥さんの勉強会まとめ発表

カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ